メイキング of NHK取材@夏焼城ヶ山

日程:2020/8/30(日)
山域:東三河
山名:夏焼城ヶ山(889.4m)
メンバー:NHKスタッフ2名
CL/KM、MK、KT、KF、KS、TY、HY、NT、NM(記)

あつた勤労者山岳会に、NHK名古屋支局の取材が入りました。
現在のコロナ禍の中、感染拡大を防ぎながら、どう山と向き合い登っていくか、山岳会として、ひとりの登山者としての取り組みを紹介したいというオファーがあり、取材をお受けすることになりました。

山行取材当日の朝、三密を避けるためできる限り各自で夏焼城ヶ山登山口の大井平公園駐車場に集合しました。
これに先立ち、あつた事務所で打ち合わせ風景の撮影、今回の主役となるリーダーKMさんの自宅で山行準備の撮影があり、いよいよ山行に同行しての取材です。

9名のメンバーは5人と4人の2パーティーに分かれ、NHKスタッフと共に山頂を目指します。

スタッフの一人は大学の山岳部出身のバリ山屋。もう一人はこの日初めて山に登るという23才の新人。どちらもたくましい歩きです。(うらやましい)

ほう。こんな風に足元を映して臨場感を出すのね。

この日は大井平公園から歩き始め、いったん林道に出てから途中の浅間神社に立ち寄ります。

休憩中に地図を確認するリーダー・・・を撮影するスタッフ。

みんながのぞいている先に夏焼温泉の源泉があります。このシーン、採用されました。

まだ8月なのに、何となく秋を感じる景色の中を歩いて行きます。

ほどなく、新しく展望台ができた夏焼城ヶ山の山頂に到着。もちろん、ここでも撮影は続きます。

木陰で休むメンバーもインタビューされていました。ただし、このシーンはカット。KTさん、残念でした。

展望台から景色を眺めるリーダー・・・を撮影するスタッフ。

この時眺めていた景色がこちら。三河の山々が広がり、いい感じです。

下山は久々に馬野ルートを歩いたら、雨で土が流れて、ますます荒れ荒れになっていました。

馬野ルート途中にある巨石をリーダーが眺めているシーンの撮影です。
番組では登る途中にあると編集されていましたが、実際には下りの映像です。(ネタバレ)

夏焼城ヶ山を下山、今度は大栗山のオオキツネノカミソリ群生地から月ヶ平を登る計画でしたが、下山直後から雷と雨になってしまいました。
傘さしてでも群生地は行けるということで、雨の中の撮影。

大井平公園に戻ってから、最後にリーダーの単独インタビュー。
けっこう長い時間撮影されていましたが、残念ながらこのシーンも、雨の中のオオキツネノカミソリのシーンもカットとあいなりました。

3日にわたり撮影された映像は5分間の番組に編集され、9/1(火)「まるっと!」県別ニュースのコーナーと、9月4日(金)「おはよう東海」で2回放映されたので、見て下さった方も多かったのではと思います。
リーダーの山に対する思い、あつた労山のコロナ禍の中での山への取り組みなど、伝わりましたら幸いです。

今回、取材に協力させていただいて感じたのは、5分間のニュース番組を制作するのがあんなに大変なんだということ。
「今回は、まだ取材期間は短い方ですよ。」と、スタッフの方が言っておられましたが、これからはもっと心してNHKニュースを見せて頂きますね。

NHKスタッフのお二人、運転担当の方、リーダー始め今回のメンバーの皆さん、どうもお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です