阿弥陀岳北西稜 下見山行

日程:2020年10月24日-25日

山域:八ヶ岳

山名:阿弥陀岳北西稜

メンバー:(CL)RI・(SL)KY・YK・EM・WF(記)

厳冬期の阿弥陀岳北西稜山行の下見を目的として5名で八ヶ岳に入りました。初日は取付きまでのルート確認、2日目は北西稜登攀。夜には降雪があり、アイゼン登攀になりました。

YAMAP Eddieレポートも参考にして下さい

https://yamap.com/activities/8306641

6:45 赤岳山荘駐車場
厳冬期本番さながら冬靴にアイゼンピッケルを装備しました。テントザイルなどの共同装備のチェックして、高度計を校正して出発の準備します。
10:00 行者小屋
今夜のBCにテント設営
荷物はデポして北西稜取付きの確認に出発
稜線を目指してルーファイ
厳冬期にココをラッセルするかと思うと…涙
尾根上進むと露岩を発見
トラバースして再度尾根に上がると
赤岳から硫黄岳天狗まで一望
皆んな思わずシャッターを切ってしまう
若干1名…風景には興味のない人もww
この先が北西稜取付き
風も強くガスも発生雪までチラついてきました
北西稜取付きを確認して
今日はココでBCまで戻ります
14:00 BCに戻ってきました
アルコールという栄養補給をしながら明日の準備、打合せ、情報交換して18:00には就寝体制に
4:00 北西稜に向けて出発
寒っ!
12月並のマイナス10°C
薄っすら雪も積もっていますが
空は満点の星空です
北西稜の岩壁
アイゼン装着ザイル・ギヤをセットして
いよいよ取付きます
6:15先行パーティーが1Pに取付き
我々はしばし風を遮る東面でまったり
7:00 赤岳から日がさしてきました
1P草土付き階段状スラブ
リードは支点作りに苦労していました
最終ピッチ
ココから北西稜最難関の核心に入ります
核心部の凹角を抜けました
9:45 先行パーティー摩利支天
10:30 遅れること45分
先行パーティーに出迎えてもらい我々も摩利支天
10:45 阿弥陀岳でひと息入れます
13:30 横岳バックに行者小屋前で集合写真
無事に北西稜に取付いた達成感と安堵感
厳冬期にまたひとつ楽しみが増えました
お疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です