花の百名山・平標山〜仙ノ倉山 

日程:2021/6/15-16
山域:三国山脈
山名:平標山(1,983.8 m)、仙ノ倉山(2,026.3 m)
メンバー:CL/NM(記)、会員外1名

ずっと行きたかった平標山から仙ノ倉山への稜線、ようやく歩くことができました。覚悟していた通りわたしにはなかなかタフな道だったけれど、お天気にも恵まれ、初夏の花たちにもいっぱい出会う事ができました。

前日に越後湯沢に入り、この日はレンタカーで平標登山口まで来ました。平日の早朝ということで、広い駐車場はガラガラでした。
歩き始めからけっこうな急登です。息が上がらないようにペースに気を付けて登って行きます。

登山道はずっと階段続き。遥かに見えるあの鉄塔まではひたすらガマンの道です。

ガマンの道といっても、そこは花の百名山、登山道の脇にはすでに美しい花たちが出迎えてくれます。

歩くこと1時間ほどで、ようやく鉄塔に到着しました。ここからは稜線に上がり、まだ松手山までは厳しい登りが続きますが、視界も開けて気分的には楽になりました。眼下に見えるのは苗場のスキー場。

この先はさらに花も増えて、うきうきしながら高度を上げて行きます。

歩き始めて2時間ほどで松手山に到着しました。視界が開け、これから歩く稜線がずっと先まで見えています。

天気予報はあまり良くなかったのですが、歩き始めたらこの青空。以前登った苗場山もよく見えています。

花の素晴らしさに歓声を上げながら、高度を稼いでいきます。

歩き始めてから3時間半ほどで、ようやく平標山に到着しました。
さあ、いよいよ仙ノ倉山へと続く稜線へと進みます。

登山道は花々・・・ちっとも足が前に進みません。

のんびりしていたら、だんだんガスが出てきました。
気合を入れて仙ノ倉岳を目指します。

仙ノ倉岳に到着!残念ながらガスで視界はなし。本当なら谷川岳に続く稜線がずっと見渡せるはずなんですが。

ガスが晴れるのを少し待ちましたが、帰りも長いのでそろそろ下山です。

平標山まで戻り、下山は平標山の家方面に下りました。
よく整備された道ですが、ずっとずーっと階段続きでなかなか辛い・・・

何とか雨に降られずに平元新道登山口まで降りてきました。可愛い道祖神がお出迎えです。

この先はこんな林道をのんびり歩いて帰ります。

林道から駐車場に行くまで最後は少し山道に戻りますが、そこでこんなに大量のギンリョウソウのお出迎えに遭いました! まあ、最後の最後まで花を満喫した山旅でした。

<オマケ☆名古屋からのアクセス>
新幹線を乗り継いて越後湯沢まで3時間半ほど。意外に近い。
前日は快適な民泊に泊まりました。1泊ひとり2700円。なんてリーズナブル!
この日は歩いて15分ほどの手作り料理のお店で晩ご飯。
めちゃ美味しかったです。
翌朝はレンタカーで平標登山口へ移動、約20分。
これは私たちの歩くスピードを考え、始発のバスよりも1時間早く歩き始めるためです。帰りもバスの時間を気にせず歩けて大変便利でした。
車は越後湯沢駅前のレンタカー屋さんで、1泊2日借りて5000円ほど。
こちらも往復タクシーよりもお得です。

★具体的に民泊やお食事どころの情報が聞きたい場合は、お問合せフォームでよろしくです。(^^) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です