五竜岳 武田菱α-γルンゼ滑走

日程:4/3

山域:北アルプス

メンバー:古田(記)、他会員外1名

最近仕事の忙しさ等々でめっきり記事を書かなくなった古田です。皆様お久しぶりです。さてさて、タイトル通りの記録になりますが、直近で石原君が出した記録とは別です。https://atsuta-rozan.net/?p=20625

タイトル通り、五竜岳 α-γルンゼを富山の山スキーヤー飯田さんを誘って滑ってきた記録です。
このルート、以前、石原君たちと滑った剱岳大脱走ルンゼに並ぶくらい憧れていたルートなわけですが、タイミングがつかめずなかなか行けないでいました。
そんな中、石原君が3月に行くという話が。誘われたんですが、当日別で予定があって参加できず見送って我々は4月初週に行くことに。
後から聞いた話で、石原君たちはスティープパウダーで良い滑走ができたとか・・・

3/27に彼がこのルートを滑ってから1週間。
まぁ、僕のメンタルは荒れに荒れまくってそれはもうひどい様相でした。
その週仕事は手につかず、ずーっと天気予報とにらめっこしながら過ごす日々。
天気は土曜晴れ、日曜雨の予報がでて、ならば我々も土曜ワンデイで行くしかないと決意。
情報では武田菱は午後を回るとすぐ陰り気温が下がると聞いていましたが、その週1週間は晴れが続いており、当日も気温は高めの予報。
石原君たちがパウダーを滑ったなら、我々はナイスザラメに狙いを絞ることにしました。

まずは滑るルートのおさらい。
石原君の記録でも記載がありますが、αルンゼ→α-γルンゼ→γルンゼにつなげる稲妻ラインです。う~ん!痺れるラインですね!稲妻だけに(笑)

というわけでテレキャビン始発に乗ってスタート!
ターギ同色容量違いのグレゴリー ターギーで出発!
このザック、山スキーザックとしては良いザックですよね。

歩き出しはガスってましたが、西遠見で晴れました!
これも日頃の行いのおかげか~!

迂回してシラタケ沢を詰めていきます。ボール地形で暑い・・・

五竜山荘はこの様相。
ここからは板を担いでDPへ向かいます。

ドロップポイントにはG1を回ると楽なのですが、行き過ぎてG2から回ったため、きわどいトラバースを強いられました・・・
チクショー!お気にのマムートのシェルに穴開けちまった!(泣)

で、そんなこんなでようやくDP,狙い通りまだカチカチにはなっておらず、雪面もあれてなさそうです。よかった~
ただ、α-γルンゼはすでに陰っており、その先の状況はどうか・・・
最悪だめならαルンゼを降りようということでドロップ。

αルンゼは噂通りのスティープ。ちょっとおっかなびっくり滑って全然かっこいい滑りができなかった~(´;ω;`)
α-γルンゼのジャンクションでリグループ。陰ってはいるもののまだまだよさそうなザラメ。ということでα-γルンゼに継続!

少し荒れていたものの、こちらはある程度ターンを刻めて、
たいへん良く滑れました💮

最後はγルンゼへ継続。ここは斜度も落ち着いてきて楽しい滑りが出来ました!
まさにご褒美滑走ですね!

最後はAルンゼを落として、遠見尾根に登り返します。
西遠見から五竜を振り返ると・・・あらら・・・
タッチ差で晴れたα-γルンゼを滑れました!ラッキー

あとは遠見尾根をスキー場まで流してらくちん下山です。

五竜岳 武田菱 α-γルンゼ、やり切れました!
山スキーを始めてからずーっと憧れていたラインだったので、感無量です。

ただ、石原君も書いていますが、PDまで行ってから、『やっぱや~めた!』って引き返すのは相当苦労しそうです。DPに立ったらもう懸垂してでも帰るくらいの気持ちで滑り降りないと厳しそうですね。今回は天気をバチっと当てられたので問題ありませんでしたが、α-γルンゼが陰るのも早いので、カチコチになるところまで予想してドロップする必要がありますね。
やはり、総合力が試される良いラインです。

また機会があればまた再訪したいと思いますね~では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です