五竜岳、武田菱α-γガリー、稲妻ルート山スキー

日程:3/27

山域:北アルプス

メンバー:石原、他会員外3名

お久しぶりです。石原です。スキーシーズンが終わったので、今シーズンの記録をぼちぼち上げていきます。

今シーズン、狙っていたルートの一つであるα-γガリー。調べて行くと今シーズンはかなり太く雪がついているとのことだったので、好天の隙に仲間を集めて滑ってきました。

こんなラインです!

このルートで鍵になるのは雪のコンディション。特に稲妻ラインは方角が変わるので、モナカになりやすいライン。他の方の記録を見てもドロップポイントまで早く辿り着くことがキーになりそうでした。

現在遠見尾根へはゲレンデハイクが禁止されているので、テント泊して、早い時間にドロップするつもりでした。

しかし、当日は土曜日しかチャンスが無さそうな予報。とりあえず、ダッシュで向かい、ダメならエスケープする予定で入山しました。

気合いでファーストチェアに乗って入山。他にもB沢を狙う知り合いがおり、共に行動しました。

遠見尾根を全力で駆け抜けました。

11時ごろ山荘着。

ここから上りの核心部に入っていきます。

登りすぎてしまい、少し戻ってドロップポイントへ。恐らく初見だとかなりの確率で行きすぎると思います。

雪質を確認したら、じゃんけんをして、いざドロップ!!

前日に軽く雪が降っており、浅めの良いパウダー!気持ち良くジャンプターンが決まります!

各踏み替えポイントでリグループ出来るので、細かく相談しながら滑れます。

よくモナカになる中間部。今回は全面気持ちのいいパウダー。本当に気持ちが良い!!

最後の下部は滑落からのプレッシャーからも解放されて、みな雄叫びを上げながら滑走!奇跡的に最高なコンディションを引くことができました!!

その後は遠見尾根に復帰してゲレンデを滑って下山。ボコボコになったゲレンデが一番タフな一本でした。

山を始めた頃から滑るラインがあることは認識していましたが、まさか自分に滑るチャンスがやってくるとは思っていなかったので、感無量でした。

翌週には古田くんも滑ったようです!記録上げてくれますかね??

注意点として、ドロップポイントまで行ってしまうと、登り返して下山するのはリスクが大きくてなかなか骨が折れるので、αガリーは何としても下るくらいの状態で入ることをおすすめします。

「五竜岳、武田菱α-γガリー、稲妻ルート山スキー」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です