久々の定例山行:蕪山

日程:2021年10月23日
山域:関市板取 
山名:蕪山(1068.8m)
メンバー:CL/H,S 他12名

 東海三県の新型コロナウィルス感染症対策の緊急事態宣言が解除され、久々に山行部の定例山行が復活しました。当日の朝方は冬型の気圧配置になり、日本海側に近い蕪山は強い北寄りの風と雨も心配していましたが・・・思っていたより好天に恵まれ、参加者の皆さんと秋の山歩きが満喫できました。

落葉樹が少し色づき始めていました。
しばらくは杉や檜の林がつづきます。
お試し山行で参加されたS,Iさんは、山慣れした歩き方で足が速そうでした。(;’∀’)
標高900mを超えるあたりから落葉樹の林になりますが、紅葉にはあと一週間ぐらいです。 ( ;∀;)

残念ながら頂上からの展望は、冬型になっているせいか御嶽山や乗鞍岳、穂高連峰、白山など上部が雲に隠れて見えませんでした。
全員がマスクをつけた集合写真は・・・チョット恐ゎ~いィ(-_-;)
風が強いので早々に頂上から下山、風当たりの弱いところでゆっくりと休憩をとりました。
計画より早く下山したので「株杉の森」を見学です。
どうしてこのような姿になるのかなぁ~?
株杉はとても神秘的で迫力がありました。

山行部の定例山行は新型コロナウィルス感染拡大の影響で昨年度は11月に1回実施したのみで、今回ほぼ一年ぶりの実施になりました。来月11/20にも今年度2回目の定例山行を実施する予定です。第6波の感染拡大を回避し、早く以前の登山スタイルで登れることを切に願いながら・・・次回も期待したいと思います。参加いただいた皆さん、ありがとうございます。お疲れ様でした❕

活動データ詳細(軌跡・タイム)は下記リンクをクリック
https://yamap.com/activities/13820384

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です