クリンソウ咲く猿投山へ

日程:2020/5/23(土)
山域:瀬戸〜豊田
山名:猿投山(629m)
メンバー:CL/NM(記)、KM、MA、TY、KF、MB

猿投山でクリンソウが見ごろという記事を読んで、さっそく出かけてきました。登山口は瀬戸の雲興寺から。

新型コロナウィルス感染防止のための緊急事態宣言が解除になって初めての山行です。山岳四団体から出された登山に関する注意なども考慮に入れ、なるべく三密をさけるため、各自マイカーで登山口集合としました。

猿投山は大変人気の高い山で、猿投神社からの東海自然歩道は登山者で混み合いますが、こちらのコースはたまにランの人が足早に通り過ぎるくらいで、静かな登山道です。

鉄塔の休憩所を過ぎたあたりに、もうクリンソウの小さな群生がありました。これは期待ができます。

今回はヤマザクラコースで赤猿峠(四辻)まで登り、谷コースで山頂へ向かいます。

赤猿峠の鉄塔に来ました。ディスタンスを保って休憩です。ここもいい景色。

タニウツギ撮影中(笑)

赤猿峠から少し南東に下って、谷コースの分岐についたらタニウツギがそれは見事に咲いていました。

谷コースは全員初めての道なので、地図を確認しながら慎重に歩きます。
よく整備された、なだらかな道でした。そして、ついに・・・

谷コースのあちらこちらに、クリンソウの群生地がありました。有志の人達がクリンソウを大事に保護し、ここまでの育てたとのこと。
こんなに近くの山で、こんなにたくさんのクリンソウに出会えるなんて、本当に尽力下さった方たちに感謝です。

群生地はこんな感じです。この先に進むと妖精の池がありました。

池では鯉が飼われていました。水路には小さな水車が作ってあったりして、ここで楽しい時間を過ごされているんだなぁと思いました。

谷コースを進むと、陽だまりの休憩所に出ます。ここまで来れば山頂も近いです。きっと、山頂は賑わっているでしょうから、ここでノンビリ休憩させていただきました。

せっかくなので猿投山山頂も踏んで、速攻で山を下ります。下りは北歩道コースだったので、あっという間に三又広場へ。トイレの広場からは朝来た道をたどって、無事雲興寺まで帰りました。

1日車を止めさせていただいたお礼に、雲興寺にもちゃんとお参りさせていただきました。

<ここからはオマケ>
この日は、クリンソウだけではなく、もうこれでもかっていうくらい花が咲いていました。猿投山はずいぶん何度も登った山だけれど、これほどの花たちに出会えたのは初めてです。
名前のわかる花も、わからない花もありますが、お花好きの方は楽しんで下さいね。

タツナミソウ
ヒメフウロ
コガネグルマ
ハハコグサ?
ギンリョウソウ
ベニバナコツバネウツギ
タツナミソウ(白花)
モチツツジ?
エゴノキ
ツクバネウツギ

※もし、花の名前が違っていたら教えて下さいね。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です