毎年恒例不帰詣。不帰三峰Cルンゼ、山スキー

日程:2021/1/23

山域:北アルプス

メンバー:石原、他会員外3名

お久しぶりです。石原です。昨年から冬の記事をサボっていましたが、少しずつ追加していきます。

先日、毎年恒例となっている不帰三峰の山スキーに行ってきました。

この日、前回の大量降雪からは日射や昇温、強風があり、気持ちよく滑れる斜面が限られるコンディション。朝の白馬では分厚い雲と時折小雨が降り、パーティメンバーと本当に入山するのかゲレンデにしておくのか話し合い、、、

とりあえず問題ないところまで標高を上げることにしました。

ゲレンデトップから少し標高を上げるとガスの上に出て、見事な雲海コンディション!

ターゲットとなる三峰もしっかりと見えます。

唐松山荘手前のトラバースまでシールで詰めて、そこからはシートラーゲン。

少し風の影響を受けた唐松本谷を見送って山頂へ

2年前、はじめて不帰方面へ踏み出した頃は強張っていた顔も今日はリラックス。

Dルンゼを覗くと、今年は雪付きが悪いのかクラック跡と地形でガタガタ。

迷わずCルンゼへ、、、

去年よりは雪付きが悪いものの、雪自体は悪くないコンディション!!

ピットチェックの結果も良好だったので、スラフに気をつけてレッツゴー!

せまーーいノドと、時折クラックの開いた急斜面を丁寧に降りていきます。

無事全員通過ーー!!

スラフは多かったものの、上から下までバフバフで、視界もあり、絶好のコンディションでしたーー!

その後は期待していなかった唐松谷も良い雪で、途中、ガスとホワイトアウトに酔いながらも何とか南滝へ

賞味期限ギリギリの滝を通過したら、後は渡渉も無く、快適な下山でしたー!!

白馬全体が決して良くないコンディションの中、雪の状態を想像して、数少ない正解なルートを引けたある意味渾身の山行でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です